【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


7 " Knobbyボール、ケースの1

Source: ガールズVIPまとめ

当社の業界トップクラスのテクノロジーは、活性炭、処理されたカーボンとゼロライトを生地の間に隠しています。 これらの天然粒子の広い表面が目標と悪臭を吸い取り、ドライヤーでギアを再活性化させるまではなくなります。 DWR、あるいは耐久性のある撥水加工で、軽い雨や雪をはじきます。 トップの生地が飽和しません しかし生地の量を減らし、乾いた状態に保つため、快適さと乾いた状態を維持します。 防水?防風膜 屋外の湿気は不可。 通気性を損なうことなく、内側から湿気を逃がし、膜システムを分散させます。 衣類の縫い目は熱密封防水テープで固定されています。 ScentLok Technologiesは、パフォーマンス、ハンティング、カジュアルな臭いをコントロールするアパレル、フットウェア、装備の世界的なデザイナーです。 ScentLok は、特許取得済みの活性炭技術を含むすべての香り制御技術へのアクセスを可能にする唯一の会社で、他の技術テストを実施することが一貫して実証されています。 パッケージには、ScentLok Hydrotherm 防水断熱よだれかけが1つ含まれています。 カーボン合金テクノロジー。 防水、防風膜。 外側のDWR仕上げ。 吸湿発散性。 外側はポリエステル生地。 Primaloft断熱材。 ストームフラップ付きフルレングス2ウェイレッグジッパー。 機能的なジップフライ。 2つのカバーされたジッパー付きフロントポケット。 側面はリブ編みのゴム。 膝部分に関節あり。

ScentLok Hydrotherm 防水断熱ビブ Realtree Edge Large