【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


USTツアーSPX Elements Chrome 65 x-flexシャフト+ Callaway OptiForce Tip +グリップ

Source: ガールズVIPまとめ

■ワンハンド手持ちGAMEをより軽快に、よりスリリングに。快感JOGパワーレバーを搭載、コンパクトHiパワーモデル。小型コンパクトボディーにワンハンド快感操作「JOGパワーレバー」を搭載。特殊ネオジウム磁石「MAGMAXモーター」でワンランク上のターゲットが狙えるクラスを超えたHiパワー&Hiスピードモデル。パワフル巻上げシングルハンドル(ドラグMAX7kg)仕様。更に操作性に拘った左右の使い分けで、手持ちGAMEの世界が拡がる充実のラインナップ。

Amazonより

JOGでしかできない釣りがある
JOGでしかできない釣りがある

クラッチを切って仕掛けを落とす。タナを切る。誘い上げる。タナを取りなおす。巻き上げる。ジョグパワーレバーが搭載されるだけで、これだけの操作を親指1本でこなせてしまう。手持ちコンセプトが反映され、ロッドは飛躍的に軽くなった。ましてやライトゲームである。ロッドの持ち替えでもたついていては、アクティブな釣趣が損なわれてしまう。ロッドを利き腕から離さず、軽快に魚との駆け引きを楽しむ。ジョグパワーレバーは、ライトゲームのクオリティーを一気に引き上げてしまうに違いない。

「SMALL MONSTER」最大巻上力35kg
「SMALL MONSTER」最大巻上力35kg

シーボーグ150Jは、300~400番クラス並みの巻上げパワーと低速トルクを実現。高剛性のアルミダイキャストボディ?パワーロスが少ないギア駆動?マグマイト構造との相乗効果で、軽量かつコンパクトでありながら、ワンランク上のターゲットとも堂々とわたりあえる。※最大巻上力とは電源電圧13V、軸トルクによる参考値です。

駆動中枢にはハイパワー「マグマックスモーター」採用
駆動中枢にはハイパワー「マグマックスモーター」採用

パワーが上がれば大物が釣れる。釣り上げるスピードが上がれば、釣果も上がる。これらの基本性能の向上を望まない釣り人はいない。そんな釣り人の飽くなき要求に、電動リールを製造するメーカー各社が試みたことは様々だが、モーターの仕組みという点で考えると、出来ることは実は限られている。電動リールのモーターは、基本的にコイルとバッテリー(電源電圧)、磁石の組み合わせだ。パワーを上げる為には、コイルの巻き数を増やすか、バッテリーの電圧を上げるか、磁力を上げるしかない。DAIWAが注目したのは磁石。磁力を上げればモーターの出力が上がるのは分かっていたが、それまで使っていた磁石ではもはや限界だった。そこでDAIWAが目を付けたのは「特殊ネオジウム磁石」。これを搭載したハイパワーモーターが「マグマックス」である。

パワーゲーム仕様「ドラグマックス7.0kg」
パワーゲーム仕様「ドラグマックス7.0kg」

シーボーグ150Jには、左右のシングルハンドルと左右のダブルハンドルを設定。シングルは樹脂製パワー系スタードラグ、ダブルにはアルミ製フィネス系スタードラグと、それぞれに異なるタイプのUTD(アルティメットトーナメントドラグ)を搭載した。剛でねじ伏せるか、柔でいなすか、対象魚に応じてベストなドラグを選択できる。シングルハンドルには、立ち上がりが早く、マックスの高いドラグを搭載。ヤリ&スルメイカ、タチウオ、ヒラメなどワンランク上の釣りにも対応する。

パワー&スピードを支える先鋭のテクノロジー
パワー&スピードを支える先鋭のテクノロジー

「アルミダイキャストボディ」:ボディには剛性が高く、変形の少ないアルミダイキャストボディを採用。「マグマックスモーター」をはじめとする駆動セクションをがっちりと受け止め、パワフルなファイトを強力にサポートする。
「フルメタルギア駆動」:高負荷に強く、駆動力をダイレクトに伝達するギア駆動を取り入れたドライブセクション。
「マグマイト構造」:限られた小さなスペースの中でモーターパワーを最大限発揮するマグマイト構造。電動リールのエンジンであるモーターを出力UPさせるため、モーター本体のケースをモーターを支持しているフレームにその役割を持たせる事により同じスペースなのにモーターを大型化する事に成功した構造。モーターの熱はフレームで放熱する仕組み。

ダイワ(Daiwa) 電動リール シーボーグ 150J-L