【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


スペシャルスケート、複列スケート、成人滑車スピードスケート

Source: ガールズVIPまとめ

SANDBOX【CLASSIC2.0LOWRIDER】コメントおしゃれヘルメットの代表ブランドSANDBOX。
ヘルメット業界にツバ付きのキャップ型といった、当時は斬新なデザインとして登場し、瞬く間にスノーボーダーたちの心を掴んだCLASSIC2.0ASIAFIT。
そのCLASSIC2.0ASIAFITに付属するイヤー&ネックパット、ゴーグルクリップなど不必要なライダーの為に無くし、柔らかくかぶり心地の良いソフトコアで非常に軽量化されプライスも大幅に落としたのがLOWRIDER!
スノーボーダーでもクリップ、イヤーパットが不要な方、オフトレ施設で使われる方、スケート、ウェイク、BMX、ピストやロードバイクにも最適です!
カッコだけではなく機能も優れているのがこのブランドの特徴。
SOFTCOREというEVA素材を使用し、今までの他ブランドやインポートモデルなどのHARDEVAと違い、柔らかく衝撃吸収性にも優れ被り心地も優しい。
ベンチレーションも搭載され熱や湿気を排出することでゴーグルの曇りも軽減させる。
オシャレな箱に入っており、ウォータースポーツパットが入っています。
ヘルメット、プロテクターは以前のスノーシーンとは違い、急速に増えておりマストアイテムに近い状態になりつつあります。
激しいライディングをするライダーやコアボーダー、エントリー層から中級層でも安全性を重視する業界の流れ、考え方が増えてきており、今後も安全により楽しく楽しむためにも必要なアイテムです。
シーズン中ではもちろん、全国にあるキングス、バグシャンプやオフトレ施設ではヘルメットが必須となっているため、オンでもオフシーズンでも活用の場が広がっています。
もちろんスノーボード以外でも、スキー、スケートボード、BMX、登山、トレイル等幅広く使用できます。
※掲載写真とはデザインや仕様が変更になる場合もございますのでご了承ください。サイズ?S約52cm~54cm(キッズや頭の小さい方)
?M約55cm~57cm(通常サイズの男女)
?L約58cm~60cm(頭の大きい方や被り物を付けて装着の方)※個人差がありますので、あくまでもサイズ表示は目安としてください。▲おしゃれヘルメットの代表ブランドSANDBOX▲ヘルメット防寒?日焼け対策に!ゴーグルアクセサリーおススメITEM!メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。【レビュー内容に関して】
2017.4月より商品が継続モデルの場合、順次商品ページを更新している場合がございます。
デザイン、フレックス、仕様など、過去のレビュー投稿内容が御座いますのご注意下さい。▲SANDBOX他商品はこちら▲ブランド名SANDBOXブランド名カナサンドボックスヘルメットモデル名
CLASSIC2LOWRIDER
モデル名カナ商品スノーボードプロテクタースノーボードヘルメット年式2017-2018型番カラー展開対象メンズレディースキッズ子供キーワード

SANDBOX/サンドボックスヘルメット CLASSIC 2.0 LOW RIDER クラシック ローライダー ツバ付き ウェイク スノーボード スケート スキー メンズ レディース キッズ プロテク