【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


ブリヂストンゴルフ(ブリヂストンゴルフ) TOUR B X-CBP アイアン(#4、ロフト21度) N.S.PRO MODUS3 TOUR105 (S/Men's)

Source: ガールズVIPまとめ

ライトハイキングシーンで人気の「Moab」発のアップデート。履き心地はそのままにサポート力を強化。「Moab」シリーズは、柔らかく快適な履き心地と頑強さから、トレッキングからタウンユースまで幅広いシーンで活躍するマルチスポーツシューズとして2007年の発売以来人気を誇る定番アイテムです。「Moab2」では、軽量性や防水?透湿性、屈曲性といった機能や履き心地は継承しつつ、ホールド性やサポート性を更に高めより長く愛用される1足になっています。ローカットタイプで脱ぎ履きもしやすく雨の日のタウン履きとしても活躍します。

ブランド紹介

1970年代、ユタ州バーナルでMERRELLの創始者ランディ?メレルがオーダーメイドブーツの製作を始めました。幼い頃からアウトドアに親しんだ彼のブーツは全米で評判になり、1981年には「バックパッカー?マガジン」誌上で「北米で最も機能的で快適な靴」に選ばれたのです。この記事を目に留めた2人のアウトドアフリークがランディ?メレルを誘い、ブーツのための新会社MERRELLを設立。生産工程を改良し、「長時間履いても足が疲れない」という魅力をそのままに、次々とアウトドアシューズを展開しました。1998年には大人気の定番モデルとなる「ジャングルモック」を発表。これをきっかけにMERRELLはアウトドアスポーツの枠を超えて、山や街、全ての屋外へとフィールドを広げていきました。さらに2001年には「カメレオン」シリーズが発売され、5年後には世界累計1000万足を突破。その後も、トレッキングや野外フェスまで幅広いユーザーに愛される多様なラインを展開し、現在世界160カ国で販売され、その数は年間1700万足を超えています。

[メレル] ハイキングシューズ モアブ2ゴアテックス メンズ ブラック 27.5 cm 2E