【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


LEDインターバルタイマー カウントダウントレーニングストップウォッチ壁掛け時計リモートコントロール2.3インチLEDデジタルインターバルタイマー リモートおよびボタン付きタイマー (色 : ブラック, サイズ : 37.5X10X4CM) ブラック 37.5X10X4CM

Source: ガールズVIPまとめ

高性能トレイルランニングシューズを、防水性と耐久性の高いTPU素材で覆い、撥水性を持ちながらも高い通気性のあるゲイターと連結。更にアプローチシューズのボトムユニットをハイブリッドした、マウンテンアクティビティーの可能性を広げる次世代シューズ。高山帯を駆け抜けたいランナーから、より早く到達したいハイカーまで、S/LAB XA ALPINE 2でランニングとマウンテニアリングは融合する。

ブランド紹介

フランス?アルプスで1947年に誕生し、マウンテンスポーツブランドとしてリードするSALOMONは、冬はスキーやスノーボード、夏はハイキングやトレイルランニングと、四季を通じて山を楽しむ、山の美しさを体感できる革新的なスポーツギアを生み出してきました。サロモンの歴史は、マウンテンスポーツの歴史そのものでもあるのです。

[サロモン] トレイルランニング シューズ S/LAB XA Alpine 2 (エスラボ エックスエー アルパイン 2) 黒/Transcend 青/Racing 赤 27.0 cm