【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


25725399307

Source: ガールズVIPまとめ

新開発「ツイントレンチ」がたわみのエネルギーを飛距離に変える、オーソドックスな形状の飛び系アイアン オノフ アイアン 赤

新開発「ツイントレンチ」と「Lカップフェース構造」「ハイリパルジョンソール」との相乗効果で、フェース下部の実打点エリアの反発力を大幅アップ。ボールを強く押し出し、初速を向上することでさらなる飛距離アップを実現しました。特に、トップ気味のオフセンターヒット時でも飛距離ロスを大幅に低減するアイアンとなっています。

また、グラビティコントロール(最適重心設計)に基づき新たに設計された貫通型タングステン構造により、前作より低重心化と重心アングルの拡大を実現。よりボールが上がりやすく、ボールがつかまり、やさしく飛ばせるアイアンとなっています。

さらに、飛び系アイアンに見られる構えたときに違和感を感じさせる機能性優先のヘッド形状ではなく、安心して構えやすい、オーソドックスなヘッド形状にすることで、機能性とフィールを両立した飛び系アイアンを実現しました。

シャフトは、方向安定性と振りやすさを追求し、完全番手別設計シャフトで、ナイスショットの確率を高める「DAIWAのカーボンテクノロジー」が生み出す、赤アイアン専用オリジナルシャフトです。

ONOFF(オノフ) AKA アイアン 赤 N.S. PRO ZELOS8 シャフト 単品 スチール メンズ ON18-AKAI 右 ロフト角:56度 番手:SW フレックス:R