【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


[ナイキ] メンズ Zoom Hyperquickness 2015 スニーカー [並行輸入品] オレンジ 13 M US

Source: ガールズVIPまとめ

アロヨIIは、KEENのシューズ「タオス」の後継モデルです。KEENの定番ライトトレッキングシューズ「ターギーII」と同等のアウトソールと、「ニューポート」などのサンダルを参考に通気性を重視したアッパー、つま先をガードする保護機能を融合しました。晴天の日はアロヨIIと一緒に郊外へ出掛けたり、里山を探索してみるのもお勧めです。

ブランド紹介

KEEN(キーン)は2003年、アメリカ?カリフォルニア州で生まれました。その始まりは“サンダルはつま先を守ることができるのだろうか?"というシンプルなデザインへのチャレンジでした。そして「Newport」というユニークで独自の機能をもったプロテクティブ?サンダル(つま先に補強の付いたサンダル)が誕生しました。この創業モデルは 靴をこえたサンダル として多くのユーザーから支持され、世界的なヒットを記録、“ハイブリッド フットウェア"(※)という新たな商品群を生み出しました。2006年、KEENは全米で最も環境意識が高いといわれるオレゴン州 ポートランドに移転しました。それは、KEENが提唱する、仕事とアウトドアへの情熱、他者への貢献をバランスよく行うライフスタイル ハイブリッドライフ を自ら体現するためです。※“ハイブリッド(複合型)フットウェア" サンダルとシューズ、陸と水、ファッションと機能性といった異なる概念を融合して作り出された全く新しいフットウエアです

[キーン] ARROYO II 1002427 Slate 黒/B 緑 (Slate 黒/B 緑/9)