【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


レーシング水着 AQUA RACINGシリーズ セイフリーバック 着やストラップ 東京 FAR-9563W

Source: ガールズVIPまとめ

新たなる覇者の指先。クラス最高峰の軽さを徹底追求するFWシリーズ。その頂点に君臨するリミテッドプロFWに誕生した小澤剛の愛竿初代ベリーベストは「覇者の指先」と評されるほどの猛烈なるゼロオバセ察知能力を身にまとったロッドであった。今作2代目ベリーベストは初代が追求した猛烈ゼロ察知能力に加え「自在にオトリを動かす能力」「そこからスムーズに引ける能力」を小澤剛入魂のニューアクションで表現。H2.75の硬さと張りでオトリ管理能力を高めていた初代に対し、今は「柔らかめのほうが釣れる」と小澤が語る現代の最新事情を考慮して生まれ変わった2代目はワンランク柔軟なH2.6。オトリをソフトに扱えるうえオトリの動きもナチュラルで広範囲。そこに多彩かつ微細なテクニックも織り交ぜやすいとなれば競技会での活躍は約束されたようなもの。事実、15年の小澤剛はプロトロッドで競技会優勝2回と3位入賞を果たし現代が求める柔軟ロッドの有効性を証明している。

シマノ リミテッドプロ FW VB-90NP