【東京五輪】チケット当選男性「何をいまさら。納得いかない」五輪マラソン会場変更


1: ひかり ★ (Thu) 19:09:44


来年の東京五輪で、男子マラソンの観戦チケットに当選していた東京都大田区の会社員男性(42)は報道で札幌開催の検討を知り、ショックを受けた。
「8月の東京が暑いことは以前から分かっていたのに、何をいまさらと感じる。決め方が不透明なのが納得いかない」と憤る。

 男性はサッカーや柔道など複数の競技と開会式、閉会式に申し込み、男子マラソンにだけ当選。妻と両親の4人で訪れるつもりだった。
「新しい国立競技場で観戦できることも楽しみにしていた。札幌に変えるぐらいなら10月開催にずらせばいい」 と語る。  中東のカタール・ドーハで今年開かれた陸上の世界選手権では暑さのために棄権する選手も相次いだ。一方で、蒸し暑い東京は日本人選手に有利で、
代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でほぼ同じコースを経験した強みもあり、メダルをとる瞬間に立ち会えるかもしれないと期待していた。
男性は「選手の安全面を考えると札幌が妥当かなと思うが、日本人選手のアドバンテージ(優位)はない」と感じる。札幌で観戦できるとしても、飛行機を使ってまで
見に行くことはしないという。【銭場裕司】

ソース


Viloop ヴィループ 高周波 複合波 EMS マシン

Source: ガールズVIPまとめ

Zipを考えると、道路サイクリングのためのグラムにこだわった空気力学的なコンポーネントを考えます。 スピードを重視した会社は最近、マウンテンバイクの世界に焦点を移しました。しかし、3ZERO MOTO 29インチカーボンブーストホイールのリリースは。 この革新的なMTBホイールは、モトクロスバイクからインスピレーションを得ています。単一壁のリムを採用。アグレッシブなトレイルライダーとエンデューロレーサーにスピードとコントロールのレベルを提供します。 モトテクノロジーと呼ばれ、リムは荒い地形でもより適応し、現在市場に出回っているどんな車輪でも比類のない牽引力を提供します。横方向の剛性を犠牲にすることはありません。 さらに、Zippはホイールが競合他社の合金ホイールを破壊する衝撃に耐え、ピンチフラットのリスクが減少することを主張しています。目利きのライダーやレーサーにとってすべての良いことです。これほど良いホイールを既存のデザインよりも優れているかと考えるチャンスがあります。なぜZippが3年以上も開発とテストを重ね、世界で最も速いライダーの1人と共に当社を運ぶべきなのかと確信しています。 従来型のリム形状ではありません。 大半のカーボンマウンテンバイクリムは、中空D型クロスセクションを備えたボックスセクションデザインを採用しています。 硬くて強いリムを作るのに効果的ですが、カーボンファイバーはしばしばリムが硬すぎるため、トレイルで苦しく感じられ、つまむリスクが大きくなります。 アルミ製のリムはコンプライアンスを加えますが、柔らかい素材は、へこみやフラットスポットにもより優れており、最終的に乗車不能にレンダリングできます。ZippのMotoテクノロジーは、ラジアルコンプレッションをより高めることができる単一の壁のリムプロファイルでこれらの懸念を支援します。そのため、Zippが感じるより準拠し快適な乗り心地を実現し、高速な走行を実現します。 さらに、モトクロスホイールのように、3ZERO MOTOリムは、荒れた地形を移動しながらスポークベッドの両側から旋回させることができます。 ジッパーは縁がかかとから「足首のコンプライアンス」と呼ばれます。

Zipp 3ZERO Moto 29インチ カーボンブーストホイール シルバー/シルバー REAR XD, 6 BOLT